ちちぶオペラについて

秩父地域からの発信

 “ちちぶオペラ”という新たな祭り

1991年頃のことです。永六輔氏がラジオの番組で「イギリスのオペラに『ミカド』と言うのがあるが、”Town of Titipu”という副題がついている、これは秩父のことではないのか?」とコメントしました。それがきっかけとなり、ラジオを聞いていた秩父市民が“秩父で『ミカド』を上演する会”という任意団体を設立し、町興しをしたいと騒いでいました。すると時の市長がこれを取り上げてくれて、市制50周年の記念事業として予算をつけてくれることになりました。そうして、主に秩父の人材で2001年に『ミカド』を初演する事が出来ました。その後、秩父版オペラ『ミカド』」は何度か公演する機会があり、2006年にはついにイギリスのバクストンでの日本語上演にまでこぎつけたのでした。

FullSizeRender

 

2011年に‘ちちぶ国際音楽祭’という新しいプロジェクトが動き出し、そこでイギリスまで行ったオペラを音楽祭の盛り上げとして再び上演してはという話から、オペラ『ミカド』の再演が決まりました。ところが、3月11日に東日本大震災が起こってしまい、本体の‘ちちぶ国際音楽祭’はプロローグに変更となりました。しかし、オペラは準備を始めてしまっていたので、予定通り秩父版「ミカド」を上演し喝さいを浴びました。

Turandotその後はちちぶ国際音楽祭の前夜祭として、やがて音楽祭の一部として2012年『メリーウィドウ』、2013年『こうもり』、2014年『魔笛』と毎年新しい演目に挑戦し、2015年には壮大な合唱オペラ『トゥーランドット』2016年去る夏には『ラ・ボエーム』を上演しました。

Boheme_A_New『トゥーランドット』も『ラ・ボエーム』も総合芸術としてのオペラをお客様に十分に楽しんでいただきたい思いから、アマチュアオペラ団の域を超えて努力をした結果、遠方より訪れて下さった皆様からも高い評価をいただきました。(トゥーランドットがちちぶ国際音楽祭で行った最後のオペラとなりました。残念ながら音楽祭は2015年で活動を閉じました。ラ・ボエームからはちちぶオペラ実行委員会の主催となっています。)

さて、2017年8月20日には、新しく開館する秩父宮記念市民会館のこけら落とし公演としてオペラ「ミカド」~The town of CHICHIBU~を上演することになりました。
「2001.2003.2006.2011.と上演してきた正に”ちちぶオペラ“発祥の原点とも言えるイギリスのオペラを、歌舞伎や秩父銘仙や秩父屋台囃子等々、秩父らしさを取り入れながら、しかし今までの公演とは違う新たな舞台を創りたい。」総監督細岡雅哉はこう意気込んでおります。

合唱団の練習は始まっています。さらに秩父地域の多くの人々の協力を仰ぎながら8月に向かっていきます。どうぞ皆さんお誘い合わせで観にいらしてください。

2016年12月
ちちぶオペラ実行委員会 会長 新井眞理子

 

 

後  援埼玉県、秩父市、秩父市教育委員会、横瀬町、皆野町・小鹿野町・長瀞町
秩父観光協会、秩父商工会議所、(社)秩父青年会議所
秩父ロータリークラブ、秩父ライオンズクラブ、秩父中央ライオンズクラブ
西秩父ライオンズクラブ、秩父神社、西武鉄道(株)、秩父鉄道(株)
順不同